So-net無料ブログ作成

押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死−東京地裁(時事通信)

 一緒にいた女性に救命措置をせず、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優押尾学被告(31)について、東京地裁(山口裕之裁判長)は29日、第1回公判前整理手続き期日を3月5日に指定した。裁判員裁判で審理される。
 起訴状によると、押尾被告は昨年8月2日、東京・六本木のマンションで、一緒に合成麻薬MDMAを飲んだ飲食店従業員の田中香織さん=当時(30)=が錯乱状態となったのに放置し、急性MDMA中毒で死亡させたなどとされる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害

名護市長選 県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
<火災>住宅が全焼し1人死亡 兵庫県高砂市(毎日新聞)
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)
「コナン号」ヘッドマーク、鳥取・北栄町に届く(読売新聞)
半日後にがれきから遺体 女性はねた容疑で男逮捕(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。