So-net無料ブログ作成
検索選択

夫婦別姓、結婚後の変更可能に=法務省が検討−民法改正案(時事通信)

 法務省は3日、今国会に提出予定の選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案について、夫婦が結婚後に生じた事情により、同姓から別姓、別姓から同姓にそれぞれ変更することを認める規定を設ける方向で検討に入った。同日の政策会議で、民主党が事後変更を可能とするよう要望。同省も多様なライフスタイルに適応できる制度が望ましいと判断した。
 法務省が1月に党側に示した改正の概要案は、婚姻届を提出する際、同姓か別姓かを選択するとしており、結婚後の変更についての規定はない。このため、概要案に沿って法改正すると、結婚後に姓を変更するには、いったん離婚し、再婚しなくてはならない。政策会議後、加藤公一法務副大臣は「盲点だった」と概要案の不備を認めた上で、早急に結論を出す考えを示した。 

【関連ニュース
夫婦別姓制度を導入=非嫡出子の相続差別撤廃
政府、61法案を提出予定=子ども手当、高校無償化
「可視化」調査費に1.2億円=10年度予算案
民法改正に意欲=福島消費者相
通常国会で「別姓」実現を=与野党有志

岩国基地の軍民共用化 空港ビルは三セクで設立(産経新聞)
介護疲れ絞殺未遂容疑、妻を逮捕 夫は重体(産経新聞)
<覚せい剤>末端価格1.5億円 所持の容疑者逮捕(毎日新聞)
名護市長選「斟酌せず」に抗議へ…沖縄選出議員(読売新聞)
<毎日新聞世論調査>小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%(毎日新聞)



みんなの党「みんなで坂本龍馬です」に失笑(産経新聞)

 「みんなの党は、みんなで坂本龍馬をやっています」。みんなの党の渡辺喜美代表が2日、衆院本会議の代表質問に立ってこう訴え、存在感をアピールした。ただ、国会議員6人の少数政党の悲哀か、議場はシーンと静まりかえる始末。「薩長連合、政界再編で維新開国を目指す。日本を隆盛国家に戻したい人は、みんなの党で龍馬をやろう」と呼びかけると、失笑まで漏れた。

 それでも渡辺氏はひるまず「経済のパイを拡大することなく国民にバラマキを行うのは、タコが自分の足を食べて成長できると勘違いしているようなものだ!」とも絶叫。しかし、菅直人副総理・財務相は「渡辺氏には歴史の流れに逆行する勢力に取り込まれないよう期待する」と述べ、自民党とともに政府批判を展開する同氏に切り返していた。

【関連記事】
閣僚までもが失笑…首相の施政方針演説
所信表明「政治とカネ」問題が少ないと野党批判
小野前衆院議員がみんなの党に入党
鳩山内閣支持率 ネット世論は保守志向
「国会ツイッター実況」をツイッターで反省 みんなの党の柿沢氏

沖縄連絡室長に瀧野副長官=政府(時事通信)
全焼の車そばに1遺体(産経新聞)
有志勉強会参加は「当然」=階政務官が答弁(時事通信)
<特別背任容疑>元中京銀行支店長ら2人逮捕(毎日新聞)
57歳中学教諭、校名シール付いた備品を質屋に入れ御用(スポーツ報知)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。