So-net無料ブログ作成

官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)

 平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、政府が国会提出している高速道路上限制度の関連法案に関連し「政策会議を行って議論しており(法案を)通すとか、通さないという議論は理解に苦しむ」と述べ、政府案の成立を目指す考えを強調した。

 法案をめぐっては、衆院国土交通委員長を務める民主党の川内博史氏が「委員会を通さない」と反対している。

【関連記事】
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判
高速無料化の経済効果は1500億円 馬淵副大臣が発表
高速実質値上げ 詐欺も同然の公約違反だ
高速料金上限 休日1000円→毎日2000円に 
平日長距離お得感も「実質値上げだ」 高速道新料金、批判の声
外国人地方参政権問題に一石

診療所の収益性、「広告」とは相関せず(医療介護CBニュース)
特養のユニット型居室面積基準引き下げへ―厚労相方針(医療介護CBニュース)
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情(産経新聞)
5613匹 春風に泳ぐ 「世界一こいのぼりの里まつり」(産経新聞)
JR沿線で火事 41本運休 四條畷片町線(産経新聞)



BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)

 歌手のBoAが16日に、約2年ぶりの全国ツアー「BoA LIVE TOUR 2010〜IDENTITY〜」の最終公演を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で行った。公演ではメドレーを含めて21曲を披露。大人っぽい雰囲気のバラードや、鮮やかなダンスパフォーマンスで観客を魅了した。
 BoAが「音にも演出にもこだわった」と自信を見せるツアーの最終公演は、「BUMP BUMP! 」「まもりたい〜White Wishes〜」をはじめ、今年2月にリリースした日本で7枚目のオリジナルアルバム「IDENTITY」の収録曲を中心とした構成に。2005年のヒット曲「DO THE MOTION」や、米国でのデビュー曲「Eat You Up」のほか、ライブ初披露という「Before you said goodbye to me」なども歌った。
 「あのころはまだ幼くて 走り続けるのがすべてだった」。公演の冒頭、ステージ上に設置されたスクリーンには、日本でデビューした14歳の時の期待と不安などもつづられた文が映し出された。これとは対照的に、ステージ上ではアルバム「IDENTITY」について、「制作に深くかかわり、作詞、作曲も頑張った」などと語ったBoA。大人のアーティストへの成長ぶりが印象的だった。
 今年は2000年の韓国デビューから10周年に当たるが、BoAは「今まで音楽を思い切り楽しんできたけれど、この先も自分がやりたい音楽を続けられたらいいな」と話し、今後のアーティスト活動への情熱を新たにしていた。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕日本人に6年ぶりノーベル賞
血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え
41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響
09年度、17年ぶり4万戸割れ=3月は5割増
ビール類出荷、過去最低=キリンが2年連続首位-1〜3月

非公式会談で米大統領不信感 首相「ない」と断言(産経新聞)
「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
5月薬価収載見送り、製造販売品目見直しへ―大洋薬品(医療介護CBニュース)
参院大阪2人目に岡部まり氏=民主(時事通信)



<訃報>星川清司さん86歳=直木賞作家(毎日新聞)

 作家で脚本家の星川清司(ほしかわ・せいじ<本名・清=きよし>)さんが08年7月25日、肺炎のため亡くなっていたことが9日、分かった。86歳。葬儀は家族で済ませた。

 映画「眠狂四郎」シリーズの脚本を手がけ、90年には小説「小伝抄(こでんしょう)」で直木賞を受賞。生前は1926年生まれと公表していたが、実際は受賞時68歳で、日本文学振興会によれば65歳で受賞した古川薫さんの最年長記録を上回ることになる。

女児ら3人はねられ重軽傷 大阪・高槻、飲酒運転の77歳を現行犯逮捕(産経新聞)
西部ガス発砲 暴力団会長宅など捜索 福岡県警(毎日新聞)
スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」(読売新聞)
富士通 野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)



学力テスト入札で文科省、見積書を「丸のみ」(読売新聞)

 文部科学省の「全国学力テスト」事業を巡り、同省が2008年度と09年度、事業を民間に委託するための入札を実施した際、中学校分の事業の予定価格を、小学校分より5億円以上高い約23億円に設定していたことがわかった。

 両年度とも、それぞれ単独で入札に参加した「内田洋行」(東京都)と「ベネッセコーポレーション」(岡山市)から、事前に提出された「見積書」をもとに、予定価格を決めていた。中学校分と小学校分の事業は同規模で、5億円を超える価格の開きは、同省が、業者の見積もりをほぼ“丸のみ”したことを裏付ける形になった。

 中学3年生と小学6年生を対象にした学力テストは、2年目の2008年度から採点・集計などの業務を民間に委託するため一般競争入札を導入した。しかし、一部業務を除き、中学校分は内田洋行が、小学校分はベネッセが、ほかに入札参加業者がいない「1社入札」で毎年落札している。

 文科省は08年度と09年度の入札の前に予定価格を決める際、会計検査院が「複数業者から取るのが望ましい」としている見積書について、中学校分は内田洋行から、小学校分はベネッセからしか取っていなかった。

 中学校分と小学校分の事業で対象になる生徒と児童の数は、いずれも約120万人と同規模。その一方、学校数は中学校が約半数のため、解答用紙の配送・回収費用などを低く抑えられる可能性はあった。

 しかし両年度とも、文科省は、中学校分の予定価格を小学校分(約17億〜18億円)より高い約23億円に設定。この結果、内田洋行の落札額は08年度は約22億4000万円でベネッセより約5億5000万円高く、09年度は約21億9000万円で、同じく約4億8000万円高かった。

 落札額の内訳を見ると、08年度では、内田洋行が借りた採点・集計システム(サーバー)の4か月間のレンタル料が、同じ製品を購入した場合の価格(約1億4800万円)より高い約1億8900万円に上り、採点のアルバイトの時給もベネッセより約26%高くなっている。

 文科省は、予定価格を決める際、見積書を複数の業者から取らなかった点について「実際に入札した業者の見積もりでないと、予定価格を積算する際の参考にならない」(初等中等教育局)と説明。中学校分の予定価格が小学校分を大きく上回ったことについては、「内田洋行が落札できなければ、テストが実施できなくなるため」(同局)として、同社に配慮したことを認めている。

 両社は3月末の入札で10年度の事業も落札しているが、文科省は3日現在、「契約手続きが済んでいない」として落札額を公表していない。内田洋行とベネッセはそれぞれ、「契約内容についてはお答えできない」としている。

「文化の殿堂」厚生年金会館閉鎖 東京、大阪それぞれの「運命」(J-CASTニュース)
<盗難>「船に乗れ!」作者のチェロ 都内の書店で(毎日新聞)
「初動捜査の進化必要」足利事件で警察庁長官(読売新聞)
手配の社長を逮捕=石油事業名目で出資法違反容疑−広島県警(時事通信)
DNAデータベース拡大(産経新聞)



重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)

 意思疎通が難しい重度の障害者が、脳波を使って「ウーロン茶が飲みたい」など500以上の選択肢から意思表示できる小型装置を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のチームが開発した。数年以内に1台10万円以下での実用化を目指す。

 産総研の長谷川良平ニューロテクノロジー研究グループ長らは、人が何かを見つめると特定の脳波が強まることに着目。コンピューター画面で点滅する選択肢(イラストと文字)を見せながら脳波計で脳波を測る仕組みを作った。

 外出先でも使えるよう、脳波計は縦5.5センチ、横3.3センチと名刺の半分程度で重さ24グラム。使う人の後頭部に装着し、画面上で選びたい選択肢を見つめて点滅回数を数えると、脳波がスイッチとなり選択肢を選べる。

 選択肢は3段階で計512通り。第1段階は「飲食する」「移動する」「気持ち」など8分類あり、各分類に入るとさらに細かい選択肢が選べる。例えば「飲食する」→「飲み物」→「ウーロン茶」と選べば、画面上に現れたキャラクターが「ウーロン茶を飲みたいです」としゃべる。

 体や言葉が不自由で意思疎通が難しい人は、パーキンソン病や筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の患者だけで約14万人にのぼる。健常者10人で試験したところ、この装置で意思の6〜9割を正しく読み取れた。今後、ALS患者の協力を得て精度を上げるという。【高木昭午】

【関連ニュース】
路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査
障害者雇用:法定雇用率を大幅に下回った7社を公表
坂田賞:毎日新聞の点字報道に
点字ブロック:発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ

ミクシィに「ブッ殺します」宅八郎氏、起訴猶予(読売新聞)
シー・シェパード元船長、ビデオで傷害裏付け(読売新聞)
住宅支援機構が認可額を上回る債券を発行(産経新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業−東京地裁(時事通信)
【探訪 企業ミュージアム】サクラクレパス サクラアートミュージアム(産経新聞)



サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)

 東京都心は27日、サクラが開花して最初の週末を迎えた。3月上旬並みのやや肌寒い休日となったが、青空の下、サクラの名所は花見客でにぎわった。

 江戸時代の名園として、美しいシダレザクラで知られる東京都文京区の六義(りくぎ)園には、午前9時の開園から大勢の家族連れが訪れた。思い思いに散策し、枝いっぱいに薄紅色の花を付けたシダレザクラや、ほころび始めたばかりのソメイヨシノを楽しんでいた。4月4日まで、日没以降はライトアップする。【合田月美】

【関連ニュース】
姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か
春は舎人公園から:足立区移動支局 空から花見、夜は花火 きょうからまつり /東京
花案内人:花見山で始動 市民ボランティア121人 /福島
花見ぼんぼり:夜桜、楽しんで 「桜まつり」ひかえ設置−−彦根 /滋賀
桜の駅まつり:満開の下でライブ MR浦ノ崎駅で28日 /佐賀

めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察−新潟(時事通信)
フグの缶詰「ふく缶」発売 山口・下関(産経新聞)
離任式 岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)
首相「今が正念場。意思疎通を」 昨晩の会食で小沢氏に要請(産経新聞)
視聴率 NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。